2017年01月14日

第18話 今昔物語「小屋寺の鐘の話」

今昔物語からの第2弾「小屋寺の鐘の話」です。仏教寺院が一般庶民の葬儀をとり行うようになったのは鎌倉時代以降だそうで、それまでは穢(けが)れを恐れて、僧侶達でさえも死者を極度に忌(い)み嫌っておりました。そんな平安時代の様子がよく描かれているお話です。



Song Title; 今昔物語のテーマ、山のお寺の鐘が鳴る、夜が更ける、弔いの行列、エンディングテーマ


Copyright c 2017 ろにか堂 All Rights Reserved.

ラベル:今昔物語
posted by - 唄と朗読 - ろにか堂 at 10:37| Comment(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

第17話 今昔物語「近江から来た女」

平安時代に編纂された説話集、今昔物語から「近江から来た女」をお送りします。約千数十の話が収められている今昔物語には、天皇や貴族はもちろん、庶民の様子も幅広く生き生きと描かれています。「近江からきた女」は、ちょっと怖い雰囲気も持つ作品ですが、「ろにか堂」なりにアレンジして、あまり「重く」ならない様に仕上げてみました。お楽しみ下さい。



Song Title; 今昔物語のテーマ、夜道を歩く、エンディングテーマ


Copyright c 2017 ろにか堂 All Rights Reserved.

posted by - 唄と朗読 - ろにか堂 at 13:08| Comment(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

第16話 菊花の約(きっかのちぎり) フルバージョン

上田秋成の「雨月物語」から、「菊花の約(きっかのちぎり)」のフルバージョンを、お届けします。新たな曲を追加し、より実験的になりました。色んな解釈が出来るこの作品、アンビエント色の強い音楽と共に、想像力を働かせながら、お楽しみ下さい。


c2016 マツモトロニカ著作権は、全てマツモトロニカが所有しております。)
posted by - 唄と朗読 - ろにか堂 at 12:07| Comment(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。