2017年05月09日

第21話 豊島与志雄「お月様の唄」

「お月様の唄」は、作家・翻訳家の豊島与志雄(とよしまよしお)が大正8年に発表した童話です。「環境破壊」という当時大きな問題になりつつあったテーマを非常に詩的に表現したこの作品に、「ろにか堂」風味を付け加えてみました。

テーマ曲の箏の演奏に、関西邦楽界のホープである橋本桂子さんと小池映理さんのご両人を、更に関西レコーディング界の巨人、上田秀夫氏をエンジニアに迎えた、とても贅沢な作品です。どうぞ、お楽しみください。


Copyright c 2017 ろにか堂 All Rights Reserved.
posted by - 唄と朗読 - ろにか堂 at 23:54| Comment(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。